お腹がすくと血糖値が下がりイライラする。 それは、食べ物を探しに行かなければ死んでしまう、遠い昔の記憶のせいなのです。 血糖値が下がると、凶暴になる人もいます。動物を倒して食事をする準備をしているわけです。人間の本能ですから、食事前に重要な決断は、しないほうが得策です。 空腹時の判断は、冷静さを欠いていることが多いそうです。 空腹時に買い物もやめたほうがいいでしょう。 食品なんかを買いにいったら絶対だめです。いらないものをどんどん買ってしまいます。
久々に記事を書きます。 今日はレミゼラブルの映画を見に行った。 日曜日の昼間なのに人が少なかった。 円安も株高もニュースだけの話で不況は今も続いている。 映画は、テンポが早く3時間の長さも、長いと感じなかった。 ミュージカル独特のわざとらしさがなく、泣きながら歌うシーンでは、一緒に泣いてしまった。 感動の3時間だった。 映画がで感動してなけるなんて、今日もいいことがあった。
人間には脳が一つに、心が二つと言われています。 頭で考えた事を実行したくてもなかなか行動に移せない人も多いと思います。 それは、心が二つあるからです。 メタボを解消したいと心に決めダイエットを始めても、おいしいものを大食いしてしまったり、甘いものを思わず食べてしまったりするのも、自己制御できなくなってしまうからです。 うまくダイエットに成功しても、今度は頑張ったご褒美に、衝動買いをしてしまったり、リバウンドで、メタボにもどったりします。 こんなことはあなただけのことではありません。 人間誰でも経験があることです。 人間の脳がそのような行動をさせているのです。 脳は常に血液検査をしています。 あなたの血液中の血糖値が下がると、いらいらしたりします。

今年は シルバーウィークと呼ばれる

秋の5連休がありました

私は、琵琶湖の湖畔のホテルを予約していたので

21日朝から犬を病院に預けて車でホテルへ向かいました。

3時間もあればたどり着く距離です。

途中で比叡山延暦寺にいきたいという

家族の希望を取り入れて、京都まで向かいました。

ところが、茨木あたりから渋滞、パーキングも満杯のため

京都で降りました。

そして11時半に早めの昼食。

そこから高速に再度乗ればよかったのですが

京都を掠めて滋賀まで行こうという選択が間違いでした。

出発前から京都だけは通らないようにしようと心に決めていたのに

なぜか京都に引き寄せられて渋滞につかまってしまいました。

なんとホテルに着いたのは夕方5時

夕食はフランス料理を5時半に予約していたので

それには間に合いました。ラッキーでした。

おいしい食事をいただきました。

運転では疲れましたが、料理と温泉に癒されました。

温泉は、鉄分の多い赤褐色の色をしていました。

サウナにも入って大量の汗で今日の疲れを

出し切りました。

 

次の日は、朝ゆっくりと、ホテルの近くのお城を散策、

琵琶湖に向かって石を投げたりして遊びました。

琵琶湖湖畔をドライブして、昼過ぎには

比叡山に到着。

 

 昨日の楽しみを一気に取り戻しました。

 食事は、観光客向けのまずそうで高そうなレストランをパスして

今日は昼抜きかなと思っていたところ

なんと延暦寺のなかに蕎麦屋がありました。

こっそりと地下にあったのですが、腹が減っていたため、

出汁のにおいに気づいて

発見しました。

 

 ちょっと時間がずれていたのですが、並んで食べました。

 満足のいく味でした。

 

 子供のために数珠を購入しました。数珠は一生ものだそうです 。

延暦寺の仏様が注入された数珠を子供二人のために二つ購入しました。

 

 死ぬときに棺おけに一緒に入れるそうです。

 

 帰りもまったく渋滞には巻きこまれず、大阪で子供のほしがっていたものを

探し、神戸の家には6時半に帰ってきました。

 

 反対車線は30kmの渋滞が気の毒でした。

 

 

 

   

 

 

 

 

最近毎日、5時に起きます

まだ外は暗いのですが、とりあえず

外に出て、新鮮な空気を吸います。

夜は、12時に寝るため

睡眠時間は5時間ということになります。

しかし、30分の散歩の後

再びベッドにもぐりこみます。

ここで1時間睡眠。

7時に家を出ます。

会社には8時半到着。

電車の中で、座ることができたら

また寝ます。

本当は、通勤時間を有効に使いたいのですが

寝てしまいます。

 

昼休み、昼寝をします。

これは約10分ぐらいです。

 

会社を出るのが20時。

家に着くのが21時30分

 

夕食を食べるときは、弟3のビール

350ccを1本。

 

ささやかな楽しみです。

 

昼間もう少し涼しくなったら歩こうと思っています。

 

なぜ朝5時に起きるのか、睡眠が足りてなさそうなのに

それは、犬に起こされるからです

 

散歩に連れて行けとほえられます。

 

朝の散歩は重要な運動です。

今日は朝から、あるメーカーのある商品の

説明を聞きにいきました。

 

10時から12時までの予定だったのですが、12時半まで

説明を聞きその後

 

食事をご馳走になりました

 

ありがとうございました。

 

まだそこのメーカーの商品は使ったことがないので、

これからお客様に提案していきたい

と思っています

 

 

 

 

 

<script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js"></script>
<a href="http://ichihara-5th.infotop-a.jp/" onclick="return clickCount(8155, 32722);">第5期市原高一SEOアフィリエイトアカデミー(30名限定)</a>

私は、サラリーマンをしています。

長い時間をサラリーマンとしてやってきました。

同じ会社にずっといたのですが、

勝手に所属する会社名が変わっていきます。

つまり出向です。

そして勤める場所も変わります。

この一年半の間に、所属部署は、5回

勤める場所も3箇所、

 

激動の一年半です。

 

その間にアメリカ発の経済不況が襲い掛かりました。

 

世の中も大きく変わっていきます。

ブッシュからオバマヘ、

自民党から民主党へ、その間に

ウサインボルトは、北京に続いて

ベルリンでも世界記録2連発

 

世の中が激動しています。

自分を見失うことなく生活をしていきたいですね。

 

今まで日本は、欧米を手本として

追いつけ追い越せの気持ちでやってきました。

 

そして経済危機、アメリカ流の資本主義を

見直すときが着ました。

 

これからは、日本型の資本主義の時代です。

日本が世界を引っ張っていく必要があります。

 

戦後60年で驚異的な経済復興を遂げた日本経済

は、エコノミックアニマルなどと批判されてきましたが、

 

本当は、会社は、稼いだ金を、社会に還元するもの

といった考え方を持った、経営者たちが経営を行ってきたのが

日本的な考え方です。

 

自分の会社だけがよければいいとか、株主に還元できれば

それだけでOKといったアメリカ的な会社とは別物でした。

 

もう一度、昔を思い出して、日本が世界経済を牽引するときがきました

おととい、仕事であるお客様のところへ行きました。

まだ契約をしていないので、見込み客です。

何を言っても、納得しない方でした。

私のことをかなり馬鹿にした物言いでした。

思わず、近くにあったお茶を、お客様の顔にかけたい衝動にかられました。

 

しかし我慢しました。

 

お客様ではないので、二度と会う必要はないわけですから、

捨て台詞もいわづに、また連絡をしますと

にこやかに、心の中は煮えたぎった気持ちで分かれてきました。

 

今日もいいことがありました。

お茶を相手の顔にひっかけずに帰ってきたのですから、

すごくいいことがありました。

 

我慢した自分をほめたいと思います。

 

あなたも、1日に1つはいいことが起きたことを思い返してください。

何かあります。

 

いいことを、毎日あれば、すばらしいですよね

 

あなたのいいことを教えてください。

 

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。